美白大臣・中島香里の化粧品 クリスタルジェミー公式通販サイト

CRYSTAL JEMMY

  • こんにちは、ゲスト様
  • 数量:計 0点
  • 合計金額:0円
カートを見る

中島かおり道 私はこうして私になった

かおり道集大成!!過去の、現在の、そして未来の・・・


ゴージャスなファッションに年齢不詳肌。一見“別世界の人”のオーラぷんぷんの香里社長。
実は、アッと驚く過去と現在の顔があるのです。

約1年8ヶ月前にスタートし、今回で第28回を迎えますが、集大成となる今回は、初めての対談形式での「かおり道」になります。

これまでの香里社長、そしてこれからの香里社長にあらためて迫ってまいりました。


5つのファンデを厚塗りしてたお嬢様だった 

—−本当にキレイなお肌ですよね。天性のものですか?

香里: とんでもない!かつてお嬢様と呼ばれていた私の素肌なんか、とても見られたものではなかった。「あなた、顔色悪い」と言われたほど黄色っぽく、くすんでいた。それに、ものすごい乾燥肌だったから、カサカサしてくるとさらに顔色がくすんでくる。もう、ゴマかすのに大変でした(笑)。

イエローのコントロールカラーを塗って、グリーンのコントロールカラーを塗って、普通のファンデーション塗って。その上からパウダーファンデーションを塗って、仕上げにお粉。5つのファンデーションを塗っていたって、信じられます?
大学3年生のときだったかしら、口の悪い友人に「あなた、30過ぎたら見られないわよ」って、よく言われたものですよ(笑)。

—−今の香里社長からはとても想像できません!

香里: だからね、美への想いは私自身のコンプレックスから始まっているんです。肌に悩んでいる人を見ると、「ああ、大昔の私みたい。何とかしてあげたいな」と。この「何とかしてあげたい」という気持ちこそ、商品開発の原点なんですよ。


どんなに忙しくても家族の食事は手作り

—−いつ見ても、どこから見ても優雅な香里社長。生活感がまったくないのですけれど、ご家族のお食事は香里社長が作っているとお伺いしていますが…。

香里: 見えません?(笑)私ね、食事に関しては、そのへんの男たちよりウルサイ。
私が育った時代は、女性は家にいて食事を作って、夫が帰ってきたときには温かいご飯と味噌汁があるのが当たり前。母の教育で“内助の功”をしっかり植え付けられたせいか、今でも食事は手作り。
それができないとイライラします。

—−毎日お忙しいのだから、お手伝いさんを頼もうとは思いません?

香里: 人には頼めない損な性格で、お手伝いさんが来る前に掃除しなきゃ気がすまないタイプ。
掃除も自分でやっていますよ。家に一歩入ると、パジャマのままですから(笑)。


「人のため」にやる、一度決めたらやりぬく

—−ところで、ご主人のために毎日タマネギスープを作っているとか?

かおり道集大成!!過去の香里(おじょうさま)、現在の香里(しゃちょう)、そして未来の…  第二十八章

香里: タマネギって血液サラサラ効果があるでしょ。糖尿病の主人のために作り始めたんですよ。私は、やろうと一度決めたらどんなに辛くてもやりぬく。自分のことは面倒くさくてやらないんですけど、人のことに関してはできる人なんです。

—−ご自身の美容や健康で気をつけていることは?

香里: 野菜は苦手なんですけれど、なるべく食べるように。生野菜は体を冷やすので、煮物で摂るようにしています。テレビの生放送では頭を使ってしゃべらなくてはいけないから、脳の栄養となる糖質も必要。甘い物もよく食べますね。

—−それでも、スタイルは変わらないですよね?

香里: 食べるときはガムシャラに食べるから「1キロはオーバーしているな」と感じるときもあります。
1キロって肉にしたらすごい量(笑)。
でも私、何があっても絶対やっていることが、そのままの姿で朝体重計に乗ること。何十年もやり続けています。
それで体重が増えていたら、一日中めちゃくちゃ機嫌が悪い(笑)。やはりテレビ映りも違うし!


普通の生活から生まれた商品だから支持される

—−私たちとあまり変わらない一面をお持ちの香里社長に親近感がわきました(笑)。

香里: ありがとうございます(笑)。
美容業界で社長や代表をやっている女性で、普通の結婚生活を送っている人は少ないのでは?
その点では私、普通の生活を送っています。皆さんと変わらない生活をしているから、皆さんの気持ちがわかる。
その結果、商品も良いものができるし、お客様にも共感していただけると思うんですよ。

これが私の自慢できることの1つでもあります。

—−だから“ファンデになった美容液“のような、私たちが欲しいと思う商品が生まれたのですね。

香里: よそと一緒のものを作ったら、よそと一緒になります。クリスタルジェミーならではの商品を開発したくて、美容液がファンデーションになったという位置づけで作ってみたんです。
肌の構成成分であるペプチドやアミノ酸、セラミドなどを入れてまず肌なじみを良くしていって、そこに色モノを入れていく感覚で。そうしたら大人気で、2時間で4万本売れました。
使った人からのお声は山ほどあります、すばらしいって。私、商品開発にあたっては金額や原価を考えない人なんです。商品が良ければコレでいく〜みたいな(笑)。


うちのファンデーションはココが違う 

—−話題の「スーパーBBファンデーション」も、商品開発に妥協しない姿勢が反映されているわけですね。

チェンジ カオリホワイト スーパーBBファンデーション

香里: そうです、そうです。一番こだわったのは、素肌感を残しつつバッチリ隠せるという点。美容液を入れるのはもう当たり前ですけれど、素肌感を残しつつ隠せるものってなかったんです。
それに、うちのファンデーションは皮膚呼吸を妨げないように作ってあるから、肌にのせてすごく軽くて気持ちいいんです。

もうひとつは重ね付けしてもよれないこと。ファンデーションにかぎらず、BBクリーム、ベースクリーム、すべて重ね付けしてもよれません。
夕方になってこれから大事な人と食事に行くときでも、上から塗ってもムラムラにならないのはうれしいですよね。
お客様から感謝の声が殺到する理由は、ここにもあると思います。

—−これからの商品開発もとっても楽しみです。 

香里: 年齢を忘れてしまうような商品を、もっと開発していきたい。
たとえば、以前と今では、同じ30歳、40歳でも見た目も考え方も違います。結婚して子どもを産んでもアイドルしている“ママドル”がいる時代ですよ。
女性の価値観やライフスタイルの変化に合わせた商品を生み出していく、未来の香里にご期待ください!

PAGE TOP