美白大臣・中島香里の化粧品 クリスタルジェミー公式通販サイト

CRYSTAL JEMMY

  • こんにちは、ゲスト様
  • 数量:計 0点
  • 合計金額:0円
カートを見る

中島かおり道 私はこうして私になった

「美白の女神(ミューズ)」「美白大臣」「TV通販の女王」と呼ばれる中島香里。
しかし、香里が香里になるまでに波乱万丈のドラマがあった――!
怒濤の半生を全24回でお届けします!

突撃密着レポート2!~テレビ通販生ライブ 潜入捜査~


『Let's エクササイズ』 中島かおり道  第二十二章

──「美白の女神(ミューズ)」を名乗る以上、美しくない自分をお見せするわけにはいきません。

化粧品会社の広告塔としてお客さまには常に美しい自分をお見せしたい。
「美白の女神(ミューズ)」であることは自分自身への挑戦なのだと香里は語る。
美しくあること、これは中島香里の使命なのだ。

「お客さまの声」、「主婦目線」、「美」。
香里のこだわりには、より良い商品を開発し、お客さまに商品だけではないパワーをお届けしたいという強い意志を感じる。

「美白の女神(ミューズ)」の使命を果たすため、これからも香里はこだわり、努力し続けるのだろう。

今回は香里のある姿に密着取材……!?


香里のチャレンジの場に潜入!

某吉日。
記者はある駅に降り立った。……外は土砂降りの雨。
──何かが起こる!?
そんな期待と不安が入り交じる気持ちで記者が向かった先は、テレビ通販番組のスタジオ!
今日、ここで中島香里の生ライブが放送されるのだ。

ついにスタジオ内部への潜入に成功! (……ちゃんと許可は得てます(笑)!)
スタジオ内にはいくつかセットが組まれており、24時間、生ライブがスムーズに放送できるように配置されている。

──あっ! いた!
さっそく香里を発見!
香里はすでにスタンバイしている。
素敵な花柄の衣装で華やか!
香里は今日のパートナーである女性キャストと綿密な打ち合わせを進めている。

隣のセットでは今まさに番組の生ライブが放送中。

──スタジオの空気がピリピリしてる。
こんな雰囲気の中、台本なしのアドリブで1時間の生放送をこなすなんて並大抵のパワーでは乗り切れないだろう。
初めて味わう生ライブの緊張感にびくびくしつつ、スタッフの皆さんの邪魔にならない場所を探しこそこそと移動する記者。

生ライブの時間は刻々と迫り、香里の前にカメラがセッティングされていく。
その数なんと5台!
ついに放送開始の時が来た。
香里の生ライブが始まった!


生ライブがスタート!

香里とともに、今日のラインナップが一通り紹介され、生ライブがスタート!
そして……

『BBクリーム開発秘話』 中島かおり道  第二十三章

「私は使っていません!」

早速『ジェミーネフェルタリ BBクリーム』でお馴染みのあの言葉が飛び出した。
香里の言葉を受けてキャストがテレビの前のお客さまに告げる。

「使っていないというのにこの売れ行きです!」

生ライブが開始した途端、販売数はあっという間に1,000個を超えていた!
記者が見つめる前で販売数はさらにどんどん上がっていく……!
この勢いはどこまで続くのだろうか……

「BBクリームが広がったのは朝のゴミ出しなのよ!」

「つるりんこん!」の合言葉で人気のBBクリームは、ファンデーションがほしいというお客さまの要望により開発した入魂の1品!
発売すると、「待っていました!」というお客さまの声や、洗顔後1本で香里肌になれる素晴らしさに「誰にも教えたくない!」という感想がたくさん届いたという。
評判はあっという間に口コミで広がっていき、現在ではクリスタルジェミーの人気商品となっている。


お客さまから生まれた!? ファンデを使って香里肌になる方法

ジェミーネフェルタリ BBクリーム

開発秘話に続き香里はさらに「つるりんこん!」になる使い方の説明に入る。

「お手軽美肌ならBBクリーム1本でOK!
ワンランク上の美肌を目指すならとっておきの使い方があるんです!」

お客さまの声から生まれたBBクリームを使って「香里肌になる」方法があるらしい!

用意するのは『ジェミーネフェルタリ ベースクリームUV』、『ジェミーネフェルタリ BBクリーム』、『クリスタルローズ プレストパウダー』の3つ。

「まず私も愛用しているベースクリームでお肌の下地を整えましょう!」

ジェミーネフェルタリ ベースクリームUV

ノーファンデ主義の香里も愛用している『ベースクリームUV』!
メイクアップ効果でお肌の凹凸をなめらかに(フラット)にして「つるん!」としたお肌に整えてくれる上に、UV 対策までできる優れものだ。

「その上からBBクリームを伸ばして。気になるところは"重ねづけ"がポイントよ!」

ベースクリームでお肌を整えた上からBBクリームを伸ばすと驚くほど「つるりんこん!」に!
シミやくすみが気になるところには指先で重ねづけをすれば、メイクアップ効果で厚塗り感のないキメのあるお肌になるから凄い。(記者、自分の肌で実践済みです!)

「仕上げはプレストパウダー! 微粒子パウダーでふんわりと♪」

ジェミークリスタルローズ プレストパウダー

仕上げは微粒子パウダーのプレストパウダー!
皮脂やテカリを抑えつつ、メイクアップ効果で気になる部分もさり気なくカバー。
しかもお化粧直しで何度クリームとパウダーを重ねてもよれないというのも嬉しい。

この時、香里が手の甲を使って実演をしてみせてくれたが、正直、ここで記者の購買欲はガツンと揺さぶられました!

生ライブはこの後もまだまだ続く!


まるで漫才コンビのように

香里の話術はすでに皆さんご存知の通り。
香里だけでも凄いのに、長年の付き合いがあるキャストと組んだときのパワーを掛け合わせるとその相乗効果たるや!
まるで漫才コンビのようだ(笑)

面白いだけじゃない!
目の前で見たからこそ気がつく!
香里の気配りには「さすが!」と思わず声が出そうに!

キャストがBBクリームのテクスチャーを顔と手の甲で試しているとちょっとした間が生まれた。
すると香里が、

「じゃあ、私はお客さまから頂戴した声を読みますね!」

『息ピッタリの二人』 中島かおり道  第二十三章

とすかさずフォロー!
生ライブを見てくださっているお客さまが飽きないように──その想いが阿吽の呼吸を生んでいるのだろう。
テレビ画面では見えない所で、資料を用意したり、次の準備をしたりと。
以前にも『かおり道』で書いた事があるが、またしても「白鳥の水面下」を垣間見た気がした。

この時、BBクリームの販売数はすでに2,000個を超えていた!

さらに流れるように生ライブは続いていく。
香里が商品の資料を用意するタイミングで今度はキャストがフリップを出して説明を始める。
「本当にこの二人は台本なしでやっているのか?」と疑問に思うほど息がピッタリ。

二人のエネルギーはテレビの前のお客さまも突き動かすのだろう。
BBクリームの販売数はついに2,500個を超えた!!
す、凄い……凄まじすぎる……!!
思わず商品を注文したくなった記者だが、スタジオ内なので注文電話は自重しました!(笑)


楽しい時間は瞬く間に過ぎ……

『BBクリーム』、『ベースクリームUV』、『レーザーエッセンス』と次々に目玉商品を紹介しつつ、瞬く間に生ライブは終了!
それにしても香里のアドリブ力、エネルギーには圧倒される!
売れ行きを確かめながらお客さまが今求めている情報、説明だけに終わらず面白さを盛り込むセンス、より見る人を引きつける"魅せ方"が飛びぬけているのだろう。
まさにプロフェッショナル!

現場の凄さを目の当たりにして放心していると……

「お疲れさまでした!」

疲れた顔も見せず香里は素敵な笑顔でスタッフに声をかけていく。
……いやいや、誰よりも疲れているのはアナタのはずですよ!
そんなツッコミを胸に秘めつつ、「お疲れさまでしたー!」と心から挨拶をする記者。
この後、雑誌の撮影があるらしく、香里は笑顔で編集者やカメラマンが待つ別室へと去っていった。

本当に凄い人だ……

香里の凄味を噛み締めながらスタジオを出ると記者を待ち受けていたのは、晴れ渡る空だった。
朝の土砂降りの雨はどこに行ったのだ!?

太陽を呼ぶ女・中島香里。恐るべし!

後日、クリスタルジェミーを訪れ、あらためて香里に生ライブの感想を聞いた。
──台本がないとは思えないほどスムーズでした。コツはありますか?

「コツはウソがないこと。お客さまに本当のことを率直に伝えることが大切です」

何度も書いているように生ライブには台本がない。だからこそ、お伝えする情報にウソがあるとキャストとのやり取りもスムーズに流れず、そのやり取りでお客さまにウソがばれてしまうのだという。

「番組で紹介した商品は自分でも購入してどういう状態でお手元まで届くのかもチェックしています」

商品そのものだけではなく、お客さまにどのような状態で届くのか、そこまで心を配り確認する香里の誠実さ、率直さが、目の肥えた厳しい主婦のお客さまの心を動かしているのだろう。


ついに香里の道は国境を越える?

香里は常に誠実に一歩ずつ歩んできた。
だからこそ『かおり道』は何にも揺るがない固くしっかりとした道となっているのだ。
この道はこれからも長く続いていくのだろう。

次回ついに香里の道はある境界を越えていく──!?

次回のかおり道をお楽しみに!

PAGE TOP